黒ずみ解消お役立ち情報

デリケートゾーンのかゆみ対策マニュアル保存版!5つの原因徹底分析!

更新日:

デリケートゾーンのかゆみ対策マニュアル、5つの原因徹底分析!

アソコのかゆみ、特定のシーズンだけ悩まされる人もいれば、年中ムズムズが止まらない人まで症状は様々ですが、きっと何か原因と対策があるはずです。かゆみはお肌への「刺激」によって引き起こされますから、普段からず~っと刺激を受けていると「メラニン色素」生成の引き金になっちゃう可能性があります。

かゆみを放置するとたとえ症状が収まったとしても、「黒ずみが残ってしまった」となってしまいかねませんから、適切なケアを心がけていきましょう。今回は女性なら誰しも一度は悩まされる、デリケートゾーンのかゆみについて、原因と対策を解説していきたいと思います。

デリケートゾーン(陰部)の「かゆみ」を呼ぶ5つの原因

かゆみをうむ原因は、おおきく5つに分けることが出来ます。この内どれか1つ、あるいこの5つの原因の幾つかが組み合わさってとってもしつこい「かゆみ」を引き起こしている可能性があります。なかなかかゆみが解消せず困っている方は、もう一度ご自身の状態を確認してみて下さいね、きっと何か原因があるはずですよ。

かゆみの原因その1  汗と蒸れ

かゆみの原因、汗と蒸れ

女性のデリケートゾーンは、体の中で最も湿気がこもりやすく蒸れやすい箇所です。特に湿度の高い夏場は発汗・蒸れがかゆみにつながります。

ほおっておくと汗は収まるんだけど、ずっとかゆい
しばらくほおっておくと汗は収まるんだけど、ずっとかゆいんだよね、なんでだろ?

自然乾燥で汗がおさまっているのに、たしかに不思議
自然乾燥や衣類に吸収されて汗はおさまっているのに、たしかに不思議ですね

人間の皮膚は弱酸性の状態でバリア機能が正常に保たれています。しかし汗は弱アルカリ性ですから、汗を放置しているとお肌がアルカリ性に傾いてしまいます。アルカリ性に傾いてしまうと、バリア機能が弱まって「雑菌」が繁殖、それが刺激となりかゆみだけでなくにおいも生じてしまうのです。

皮膚が弱い方ですとバリア機能が崩れた状態で、汗に含まれる塩分やアンモニアなどの刺激物質にお肌が負けてしまって、さらにかゆみが強くなっている可能性もあります。汗自体が引いたとしても、デリケートゾーン周辺は蒸れたままですから、雑菌がとっても繁殖しやすい環境のままなのです。

このような状況が続くと、普段はお肌の味方のはずの菌までもが異常増殖して「敵」に回ってしまうことがあります。マラセチア菌は誰の肌にも存在しているカビの一種で、普段はひっそりと暮らしているのですが・・・。皮脂の過剰分泌や、汗をかいたり蒸れた状態でほおっておくと必要以上にどんどん増殖してしまい、皮膚の炎症やにおいの原因となります。

お肌の味方のはずの菌までもが異常増殖して「敵」に回ってしまう
マセラチア菌め、私を敵に回すとはね・・・覚えてらっしゃい!

このような状況は、夏だけでなく、冬場に寒いからと言って下半身を完全防御して蒸れた状態でいても同じです。一度バリア機能が崩れたお肌は、ちょっとした事でも過敏にに反応するようになってしまいますから、そうなる前に適切なケアがとっても大切なのです。

汗と蒸れって危ない
汗と蒸れって危ないんだね、時間とともにどんどん悪い方向にいっちゃうイメージだね

たとえかゆみがおさまっても刺激が黒ずみにつながってしまう
ここでちょっとワンポイントです。

自分で出来る汗や蒸れの対策

汗をかいたときはこまめに拭き取る事を心がけて、極力蒸れないようにサイズにゆとりのある下着を身につけましょう。汗っかきな体質を自覚している方は出先や仕事先に替えの下着を持参するひと工夫が必要ですね。

余談ですが、手入れしていないアンダーヘアが原因で蒸れてしまうこともありますから、できればアンダーヘアの処理もこまめにしたほうが良いでしょう。

かゆみの原因その2  衣類の接触による皮膚の炎症

衣類が原因のかゆみは3つに分類することが出来ます。せっかく買ったお気にい入りの下着、長く身につけたい気持ちはとってもよくわかります。しかし、衣類は毎日着用するものですから、適切な対応を怠るとなかなか症状が改善されず、慢性化する恐れもありますので要注意です。

1.衣類による締め付け

サイズのあっていない下着や、締め付けの強いものを着用している場合、酷いと締め付けのある箇所に沿って赤いミミズばれのような発疹を生じ、かゆみやヒリヒリ感を伴うこともあります。下着のゴム部分が当たるウエスト部分や、ビキニラインに沿ってこのような症状が出ることが多いようです。下着を身に着けているときは大丈夫なのに、脱いだ後にかゆくなる場合は要注意です。

衣類による締め付け対策

Vラインやデリケートゾーンを圧迫しないように、普段はできるだけサイズにゆとりのあるものを選択しましょう。特にゴム部分の圧迫が強いと感じる下着は要注意です。

2.下着の素材がお肌にあっていない

人によって相性がありますが、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維が刺激になってしまうパターンが多いようです。この場合、綿やシルクなど肌に優しい素材の下着に変える事を検討しましょう。天然素材(綿・麻・シルクなど)ではない、「化学繊維」が肌に長時間触れる事によって、痒みやかぶれ等の症状を引き起こしている可能性があります。

もし、新しい下着を購入してかゆみの症状がでた場合は、素材があっていない可能性がありますから、履きなれている下着に戻してみて様子を見ましょう。

下着の素材 ワンポイントアドバイス

シルクは素材そのものがお肌に優しいだけでなく、見た目とは違って夏は通気性がよく、冬暖かいのでおすすめです。シルク素材が合わない方はコットン100%の素材も選択肢として検討してみて下さい。アトピーを持っている方も刺激が大敵になりますから、やはりシルクやコットンの素材を使われている事が多いようです。

3.衣類に付着している成分が刺激になってしまう

近年、様々な繊維製品が開発されています。特殊な染料を使用したもの、紫外線カット加工や、抗菌・防臭加工された製品がありますが、使用されている成分のせいでかぶれ・かゆみが生じている可能性があります。

下着を新調したわけでもないのに、なぜかかゆみが出るようになってしまったケースでは、洗濯に使用している洗剤や柔軟剤に含まれる成分が原因となっている可能性もあります。過度な香りのする洗剤などを使用している場合、一旦使用やめて様子を見たほうが良いでしょう。

においを気にするあまり、刺激の強い成分を使うと、かゆみの原因になるかもしれません
においを気にするあまり、刺激の強い洗剤や柔軟剤を使用するのも考えものです。かゆみの原因になるかもしれませんからね。

もしも、洗剤を変えたわけでもなく、新品の下着にしたわけでもないのに、なぜかかゆみが出る様になってしまったときは、外部の要因ではなくあなた自身の体が刺激に対して弱くなっているのかもしれません、心当たりのある方はつぎの「原因その3」を御覧ください。

かゆみの原因その3 何らかの原因で体の免疫力が落ちている

かゆみの原因、何らかの原因で体の免疫力が落ちている

免疫力が落ちると、かゆみ・肌荒れ・ニキビ・吹き出物などお肌のトラブルが出やすくなります。免疫力は、お肌のバリア機能ととっても深い関係がありますが、どのような時に免疫力が落ちてしまうのでしょうか?少し整理してみましょう。

1.ストレスによる免疫力の低下

ストレスや疲労により身体の抵抗力が落ちているときは、普段と同じようにすごしていてもかゆみが起こりやすくなっています。なれない職場に移ったばっかりで環境に慣れていない、あるいは仕事が上手くいかなかったり人間関係の悩みを抱えていると、知らず知らずの内にストレスを溜め込んでしまって、免疫力が低下します。

一人で孤独に悩んでいるときが一番ストレスが溜まってる気がする
私の経験上、一人で孤独に悩んでいるときが一番ストレスが溜まってる気がするよ

人間は社会性の生き物
人間は社会性の生き物です、誰かとつながりを持っているということが安心につながるんですよ

ストレスを発散しましょうと口で言うのは簡単ですが、真面目・引っ込み思案な性格の方は、なかなか誰にも話すことが出来ずに抱え込んでしまう傾向があります。そんな方には、毎日少しでもいいので軽い運動やストレッチをしましょう。

適度な運動が新陳代謝を高め、メンタルを前向きにする効果がありますから、少しずつでいいのではじめてみましょう。最初は面倒くさいですが、毎日運動する癖が一度でもつくとやらないと体がうずく様になってきます、そうすればもうこっちのものです。管理人からもみなさんに運動をおすすめ致します。

2.加齢と老化による免疫力の低下

免疫力は20歳代をピークに徐々に低下していきます。若い頃は風邪を引いてもすぐに回復しますし、それほど悪化することもありません。加齢によって免疫力が落ちると、風邪をきっかけにして大きな病気にかかってしまう心配もあります。

ちょっと話が大きくなってしまいましたが、加齢による免疫力の低下は、お肌のトラブルだけでなく様々な病気にもかかりやすくなるという事で、人間である以上は残念ながら避けようがありません。

しかし、規則正しい生活やバランスの良い食生活や運動を心がけることで、免疫力の低下を緩やかにすることは十分可能です。特に適度な運動は最も効果的です、日々のジョギングを欠かさない女性は年齢を重ねてもお肌には艶がありますし、年齢よりも若く見えます。

今20代の方は30代になった時の事を、30代の方は40代になった時の事を、40代の方は50代になった時の事、それぞれ10年後の未来の自分の姿を思い描いて今から自分で出来ることをはじめてみましょう。きっと10年前の自分に「あの時ジョギングをはじめてくれてありがとう!」と言えると思いますよ。

くすんで艶のないお肌に、黒ずんだデリケートゾーン
・・・それとも、くすんで艶のないお肌に、黒ずんだデリケートゾーン、疲れた目をした10年後でもいいですか?
今から頑張る
そんなのやだやだ!今から頑張る!

3.冷えによって免疫力が落ちている

女性に多い「冷え性」は免疫力低下の原因となります。体温は36.5度~37.0度位が平熱とおもいますが、これを下回る状態だと血液の循環が悪くなって、免疫細胞の活動も低下しちゃいます。食生活の面から冷え性を改善するには、温野菜やスープ、生姜やニンニクといった体の内側から温める食材を摂るように心がけましょう。

また、運動によって適度な筋肉量をつける事で代謝をあげて、冷え性を改善する事も検討しましょう。よく、ものすごく太っているのにとっても寒がりで冷え性と言う方がいらっしゃいますが、ダイエットも兼ねて運動をおすすめいたします。

女性独特の冷え性とは異なり、自律神経が乱れることによって冷えをおこしている事も考えられます。肩こり・頭痛・手足がむくむ・貧血気味・とても疲れやすい等の症状はありませんか?このようなケースの冷えは、自律神経の乱れが原因の可能性があります。

自律神経のみ誰はストレスに起因して起こる事が多いと言われていますが、重症化すると熱感・呼吸苦・不眠症など完治しづらい重い症状になってしまうこともあります。こうなると免疫力が極端に下がってしまいますから、お肌のバリア機能はボロボロになり、様々な肌トラブルを引き起こしかねません。

経験談ですが、自律神経が乱れるとお肌のくすみが顕著になります、特に顔・・・(管理人談)。まあ、それがきっかけで私も6年ほど前にジョギングを始めたんですけどね。今では、冷え性に関しては「なにそれ、今日寒いかな?」って感じです(笑)

4.妊娠によるホルモンバランスの乱れ

妊娠初期段階では今までとホルモンバランスが大きく変化するため、ストレスが溜まりやすい状況になり、免疫力が落ちてしまうことがあるようです。また、卵子の着床から妊娠中は母体のリンパ球(免疫系)が受精卵や胎児を異物と認識して攻撃してしまわないように、免疫が弱くなります。これを「免疫寛容」状態と言って、一時的に免疫力が弱まります。感染症にかかりやすくなったり、様々なお肌のトラブルに見舞われやすくなるとても繊細な時期といえますね。

ただ、コレばっかりは妊婦さん一人ではどうしようもない問題なので、どちらかと言うと旦那さんに読んで気を使ってあげて欲しい情報になります。

5.生活習慣の乱れ

長期休暇だからといって毎日家ゴロゴロしたり、いつもとは異なる時間に睡眠をとっていたり、夜更かししたりしていると免疫力が落ちてきます。また、脂質の多い食品を頻繁に食べたり、忘年会や新年会シーズンで飲酒が続くような状況ではないでしょうか。このような偏った食生活は、内蔵機能を低下を引き起こし、巡り巡ってお肌のバリア機能の低下を引き起こしてしまいます。

当然規則正しい生活を心がけ、最低でも週に1回はお酒を飲まない日を作るなど食生活の改善が必要です。美肌に効果のある食事については、以下の記事に詳しく記載していますので参考にしてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある食べ物と、NGな食べ物徹底解説!

実は、美肌ととっても関係が深い食事のコト 確かに食事は大切だと思うけど、黒ずみにそこまで深い関係があるの と~っても深い関係があるんですよ。例えば暴飲暴食の翌日の吹き出物やお肌のくすみに心当たりはあり ...

続きを見る

かゆみの原因その4  生理中の雑菌繁殖

経血の付いた生理用ナプキンを長時間そのままにすると、経血を栄養にして雑菌が繁殖します。生理用ナプキンをこまめに交換することが大切です。おりものの場合も、放置すると雑菌繁殖の原因になりますので、おりもの専用シートなどを使って清潔に保つように心がけておきましょう。

生理用品は、雑菌が繁殖している事が見た目では判断がつきません。「におい」が酷いなど、かゆみ以外の違和感を感じたらやっと交換する方も多いはずです。しかし、においがするということは、既に雑菌が繁殖した状態と言えるので、見た目がキレイでもこまめに交換する事をおすすめ致します。

雑菌はお肌に刺激を与えてかゆみを発生させるだけでなく、においの原因にもなります。本来、常在菌のバランスが正常で肌バリアがきちんと働いていれば、少々雑菌が増えても雑菌が繁殖し放題になって刺激になることはないはずなんですが、生理中はホルモンバランスも不安定ですから、どうしても刺激に弱くなる期間と言っても良いかもしれません。

かゆみの原因その5  感染症等病気によるもの

最後の原因5はちょっと怖い感染症のお話になります。性行為感染症(STD)[Sexually Transmitted Disease]を含む感染症も、デリケートゾーンにかゆみを起こす原因になります。※性感染症とは性的な接触によって感染する病気のことを言います

ここまでの1~4の原因のどれも心当たりがない場合は、万が一の事がありますのでまずは以下の症状別のセルフチェックを参考に医師に相談すべき症状なのかどうかを慎重に判断して下さい。少しでもおかしな症状があるときは、すぐにお医者様を受診しましょう。

陰部の感染症の症状をセルフチェック、もしかして病気かも?

感染症の症状をセルフチェック! 感染症はほおっておくと、不妊や子宮外妊娠等のリスクがあることや、たとえあなたに自覚がなくてもパートナーやご家族に感染することで他の人に感染した場合に、その人にのみ症状が ...

続きを見る

かゆみには、保湿を基本とした肌バリア機能の強化を最優先に!

かゆみには、保湿を基本とした肌バリア機能の強化を最優先

デリケートゾーン(陰部)のかゆみや、様々なお肌のトラブルの原因を整理すると以下の2つに分類出来ます。

お肌のトラブルの原因

  1. 体の外から来る原因:汗や蒸れ、下着の締め付けや擦れ、衣類がお肌にあっていないなど
  2. 体の内から来る原因:内蔵機能低下やストレスによる免疫力の低下やホルモンバランスの乱れなど

両者とも、ある程度はご自身の努力や工夫で症状を押さえることが出来る事柄はありますが、「かゆみ」を徹底ケアすることは難しいかもしれません。では、どのように対策すれば良いのでしょうか?解決のキーワードは、途中たびたび登場した「肌のバリア機能」です。

このバリア機能を強化する事がかゆみを防ぐ対策の基本であり根幹です。しかし、壊れてしまったバリア機能はあなたの力だけではなかなか復活しない事も事実。そうこうしている内にかゆみは何度もぶり返し、引っ掻いてしまうと余計に酷くなるという悪循環におちいってしまいがちですから、どこかでストップさせてやる必要が出てきます。

「保湿」することがお肌のバリア機能の強化には最もおすすめです。保湿と聞くと化粧水なんかでいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、製品によっては刺激になるアルコール成分が入っていたりしますし、そもそも化粧水は顔につけるものなので部位が違います。やはりちゃんとデリケートゾーン専用に開発されたケアクリーム製品が良いと管理人は考えます。

デリケートゾーンのケアクリームをおすすめするワケ!

デリケートゾーンのケアクリームをおすすめするワケ

デリケートゾーン専用の製品は、おおくは「黒ずみ」のケアを前面に押し出した商品が多いのですが、弱酸性・ターンオーバーの正常化成分・抗炎症成分やお肌のバリア機能を強化する保湿力のある成分などをバランス良く配合しており、デリケートゾーンのあらゆるトラブルをトータルにケアする事で、最終的には黒ずみをケアするという結果に結びつきます。

当然、かゆみ、むずむずなど体感できる症状のケアも製品開発のコンセプトに含まれています。なぜならこれら刺激は最終的に全てが「黒ずみ」につながってしまう可能性があるからです。クリームを利用するメリットを簡単にまとめると以下のようになります。

デリケートゾーンのケアクリームが備える5つの機能

  1. ターンオーバーの正常化
  2. 抗炎症作用のある成分を配合
  3. 保湿成分による肌バリア機能の強化
  4. 毎日の使用でも問題ない低刺激の追求
  5. においの原因菌を押さえる抗菌・防臭作用

上記5つの機能を備えた上で、更に黒ずみを薄くする効果のある成分を配合しているのでトータルバランスに優れた製品ということが言えます。当サイトおすすめのクリームを掲載していますので参考にしてみてくださいね。

【おすすめクリームランキング】デリケートゾーンの黒ずみを朝晩2回で簡単ケア!

おすすめのクリームランキングについて 製品ごとの特徴を簡単に述べて、それぞれの商品のスペックをチャートで点数化しています。スペックを比較するに当たって以下の5つの視点で評価しています。 5つのポイント ...

続きを見る

クリームの方がトータルにケア出来る
そっか、保湿だけの製品よりもクリームの方がトータルにケア出来そうだね
追求した結果トータルケア出来るクリームの完成
追求した結果こうなった感じですね、開発者の苦労が伺えます・・・

管理人的デリケートゾーンのかゆみ対策マニュアルまとめ

今回は、「かゆみ」にフォーカスを当てて原因と対策について解説してみました。わかっていたつもりでも改めて整理してみると「あ、ここ見逃してたかも・・・」「盲点だったなあ」なんて部分を少しでも見つけて頂けましたら、とっても嬉しく思います。

かゆみの原因はお肌のバリア機能の低下に集約しますので、その弱点を日々徹底的に強化することで、しつこいかゆみとサヨナラしちゃいましょう!

今回の記事は盲点だった
私の場合盲点というか、見て見ぬふりをしてた事が多いかな・・・(汗)
ジムでも通ってみる
せっかくだからジムでも通ってみる?

最近よく読まれている記事一覧

1

アソコのかゆみ、特定のシーズンだけ悩まされる人もいれば、年中ムズムズが止まらない人まで症状は様々ですが、きっと何か原因と対策があるはずです。かゆみはお肌への「刺激」によって引き起こされますから、普段か ...

2

おすすめのクリームランキングについて 製品ごとの特徴を簡単に述べて、それぞれの商品のスペックをチャートで点数化しています。スペックを比較するに当たって以下の5つの視点で評価しています。 5つのポイント ...

3

ブラジリアンワックス脱毛サロン「IbizaWax」が、脱毛後の黒ずみケア用に開発したデリケートゾーンの専用ケアクリームです。もともとは、店舗限定販売されている製品だったのが、ユーザーからの熱い要望に答 ...

4

夏場は水着になったりお肌を露出する機会が増えますので、デリケートゾーンの黒ずみがとっても気になります。なので、夏場はそれなりにケアを心がける方が多い思います。だけど、正反対の季節「冬」はどうでしょうか ...

5

感染症の症状をセルフチェック! 感染症はほおっておくと、不妊や子宮外妊娠等のリスクがあることや、たとえあなたに自覚がなくてもパートナーやご家族に感染することで他の人に感染した場合に、その人にのみ症状が ...

-黒ずみ解消お役立ち情報
-, , ,

Copyright© デリケートゾーンの黒ずみ・くすみ対策製品ナビ , 2018 All Rights Reserved.